骨盤が歪んでいると出てくる症状について説明します。 骨盤の歪みで出る症状としては、以下のものが代表的です。 ・生理痛や不妊 ・腰痛 ・便秘や下痢、冷え症 骨盤を構成する一つである仙骨は、前部に子宮や卵巣といった妊娠出産に関わる臓器が位置しています。 骨盤に歪みがあると、子宮や卵巣に悪影響を与えるため、ホルモンバランスの乱れにも繋がり、生理痛や不妊、肌あれなどを引き起こす原因になると言えるでしょう。 それに、骨盤の歪みによって背骨も歪んで、体全体のバランスが崩れることにより、腰痛が起こることもあります。 また、骨盤を構成している腸骨の上部には、腸が位置しており、腸骨に乗っかっているようになっています。 骨盤の歪みで腸骨が開き、弛んだ状態になっていると、乗っかっているはずの腸が下に落ちてきてしまい、腸の働きが悪くなってしまうでしょう。 腸の働きが低下すると、便秘や下痢、冷え症を引き起こすのです。 このような症状の他にも、不眠や肥満、O脚やX脚、バストダウンの原因にもなることがあると言われています。