身長と日々の食生活には深い関係性があり、

身長を伸ばすことと結びつく食品や食材は、身近にたくさん!

今回はそんな、身長を伸ばすことに効果的な食べ物や、

効果的な食べ方などをまとめてみました!

【身長を伸ばすために必要な成分って?】

まず、身長を伸ばすためには、

カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD・タンパク質などの成分が、

体には必要不可欠となってきます。

特に成長期などは大人と同様の量を身体が必要としてくる時期で、

これらすべての成分が成長期には必要となってきます。

どれか一つが欠けることなく、

バランスよく摂取することがポイントとなります。

これらの成分が身長を伸ばすこととどういった関係にあるのかというと・・・

 

  • カルシウムとマグネシウム

骨の形成にはカルシウムが欠かせません。

私たちの骨は日々生まれ変わっていくので、

毎日のカルシウム摂取が良い骨を形成するポイントと

なるわけですが、カルシウムは吸収率が良いわけではなく、

たくさん摂取してもそのすべてが体内に吸収されるわけではないため、

カルシウムだけを摂っていても、

=身長に反映されにくいのがネックです。

 

そこで重要になってくる成分が、マグネシウム。

マグネシウムにはカルシウムの吸収率を上げる働きがあるため、

同時に摂取することが身長を伸ばすことと大きく関係してきます。

 

  • 亜鉛

子どもの成長に亜鉛は必要不可欠とされています。

その理由は体内で起こる細胞分裂。

子どものころは細胞分裂が活発に起こります。

細胞分裂にはこの亜鉛が必要不可欠で、

不足することで骨や筋肉がしっかりと成長せずに、

身長のストップを招いてしまうことも。

 

骨を形成するうえで必要なタンパク質の

合成にも亜鉛は必要な成分ですから、

摂取不足にならないよう、

積極的に摂取していきたい成分となります。

 

  • ビタミンD

数あるビタミンの中でも

特に身長と関係性を持つビタミンD。

理由は、体内に吸収されにくいカルシウムの

吸収率をよくする働きがあるためです。

 

カルシウムがしっかりと吸収されると、

骨の成長に確実に反映してくれるので、

身長を伸ばすためにはビタミンDは必須!

 

  • タンパク質

子どもにとっても大人にとっても、

ほぼ同量のカルシウムを体は必要としています。

 

私たちの骨や筋肉、臓器など、

体のあらゆる部分の形成にタンパク質は必要不可欠!

また、タンパク質には身長を伸ばす

「成長ホルモン」を分泌する働きもあり、

身体を動かせば動かすほど、

たくさん摂取するべき成分となります。

 

これらの成分は、私たちの身近で手軽に

手にいれることの出来る食品や食材の中に

多く含まれていますので、

たくさん摂取することをこころがけましょう。

【こんなにたくさん!身長を伸ばす食べ物!】

▼カルシウムを含む食べ物

乳製品・・・牛乳、ヨーグルト、チーズ

大豆製品・・・豆腐、豆乳、納豆、

野菜類・・・野沢菜、大根菜、チンゲン菜、小松菜

小魚

 

牛乳などの乳製品は摂取が手軽ですが、

脂肪分も多く含むので、過剰摂取には注意が必要です。

 

間食の際にはカロリーの少ない小魚などを食べるのも良いですね。

 

▼亜鉛を含む食べ物

納豆、豚レバー、牡蠣、ホタテ

 

牡蠣やホタテなどは熱処理の

していないものには気をつけましょう。

納豆は毎日摂取する必要はなく、

週2~3回程度で十分摂取量を満たしますよ。

 

▼タンパク質を含む食べ物

鶏肉、牛肉、豚肉、たまご、豆腐、

牛乳、マグロ、カツオ、サンマ

 

脂を気にするのであれば、

鶏肉のササミなどがおすすめです。

蒸してサラダにあえても美味しいですね。

 

▼マグネシウムを含む食べ物

アーモンド、ほうれん草、大豆、カツオ、落花生

 

▼ビタミンDを含む食べ物

きくらげ、シイタケ、しめじ、干しシイタケ、

カツオ、鮭、サンマ

 

ビタミンDは圧倒的にキノコ類に多いようです。

たくさんいれてキノコ汁にしても良いですし、

キノコが苦手な方は魚類からも摂取出来るので、

普段の食事に取り入れてみましょう。

 

以上のように、身長を伸ばすうえで

必要となってくる成分はこんなにもたくさん、

私たちの身近に溢れています。

 

朝一杯の牛乳から、夕食時に納豆を食べる、など、

簡単なことから少しずつ、バランスよく体に取り入れ、

グンと身長を伸ばす体作りをしていきましょう!

 

さらに成長サプリで

効果的に身長を伸ばすなら!

<詳細はこちら>