身長を伸ばしたい!成長期に向けて

何か身長を伸ばすのに効率的なことはないか?

 

そう思った時に、思いつく方法の一つとして運動があげられます。

事実、運動をすれば筋肉や関節などを鍛えることが出来ますから、

身長の伸びと関係性があることには違いありません。

 

しかし、がむしゃらに運動をすれば身長は比例して伸びるのでしょうか?

実は、その運動には意外な落とし穴がありました!

今回は、身長を伸ばすことに効果的な運動から、

逆に身長の伸びを止めてしまう運動までを詳しくご紹介!

身長を伸ばすためにはやるべきでない運動などもありますので、

是非参考になさってみてくださいね!

【身長を止めてしまう?!意外な運動と運動法】

  • 過度な筋肉トレーニング

適度な筋トレであれば、筋肉がほどよく成長し、良い体つくりに期待が持てます。

しかし、成長がまだ未発達な成長期などに過度な筋肉トレーニングなどをすると、

それを支える骨や関節が追い付かずに、バランスを悪い体を作り上げてしまいます。

 

  • 激しい運動

自身の持久力が追い付かなくなるような激しい運動は、

身長の伸びを妨げる原因になります。

「部活をすると身長が止まった」という統計がいくつか出ているのも事実で、

これは部活をしたからといって身長が伸びなくなる、

というわけではないのですが、

何周にも及ぶ外周や、必要以上の過酷なトレーニングに

体がついていかない、また、自身のエネルギー消費量を大きく上回る運動を

部活で行ったために招く可能性のあるものです。

 

子どもも大人も、一人ひとり1日に消費するエネルギー量が決まっています。

この消費エネルギーは、食事で同じ量を補えば問題がありませんが、

過度に激しい運動をすると、

その分食事量や栄養量も多く摂る必要があります。

 

消費エネルギーが増えすぎたとしても、

子どもはそれに気づかず疲れて寝てしまったり、

気づけば栄養が次第に体から失われていく自体となりますので、

それこそが身長が伸びない原因となるわけです。

 

過度な筋肉トレーニング、激しい運動の例として、

ボディビル、マラソン、ウエイトリフティングなどがあげられます。

いずれも、やりすぎることが身長の伸びに逆効果となりますので、

適度に行う分には問題ありません。

 

 

【身長を伸ばす!縦運動】

では、身長を伸ばす運動って何なのでしょうか?

ポイントは、骨を伸ばす土台である軟骨を刺激すること。

軟骨とは骨と骨を支えるクッションのような役割を果たしていて、

この軟骨がしっかりと鍛えられることで、

身長の伸びが大いに期待出来ます。

 

また、昔から「身長を伸ばすなら縦運動が有効的」と言われているほど、

体を縦に動かす運動は身長を伸ばす対策として理想的。

 

体を縦に動かす運動は以下の通り。

 

  • ジョギング

軽めのジョギングは、体を程よく縦に動かしてくれるだけでなく、

筋肉や関節などを強化することにも一役かってくれます。

 

  • バスケットボール

バスケットボールは体をバネのようにしてジャンプしたり、

シュートの度に足を曲げ伸びしてジャンプしたりと、

とにかく縦に体を動かす種目。

思えばバスケ選手は高身長の人が多いですよね。

バスケをすれば必ず身長が伸びるわけではないですし、

もともと高身長だったという選手もいますが、

バスケを始めてから急激に身長が伸びたという方はやはり多いようです。

 

  • バレーボール

バレーボールもまた、体を大きく縦に動かす種目と言えます。

サーブからレシーブ、様々な箇所において、屈伸やジャンプ力などを

使うため、身長を伸ばす基礎を作るうえでおすすめの種目です。

 

 

ほかにも縄跳びや水泳など、とにかく体を思い切り動かす運動は有効的です。

ただしいずれも、過度な運動だけは避けましょう。

その子の体力にあったものから始め、たくさんエネルギーを

消費するようになったとしても、それに担う食事バランスなどが

取れていれば、どんどん運動して良いでしょう。

 

もしも食事バランスなどが上手く摂れそうになく、不安があるようであれば、

サプリメントなどで栄養を補いながら運動するのも効果的。

今では成長に必要な成分が一度に摂れるサプリメントなども普及していますから、

気になる方はお試しされてみるのも良いかもしれません。

 

身長の伸びに効果的で、なおかつお試しのしやすい購入価格といった点から、

「プラステンアップ」という成長サプリが話題を集めています。

詳しい詳細が知りたい方は公式サイトをご覧ください!

 

<プラステンアップの公式サイトはこちら>