身長が伸びない、身長が低いなどの原因に、

遺伝は関係してくるのでしょうか?

また、関係してくるのであれば、

それはどの程度のものなのか?

 

今回はそんな身長と遺伝による関係性や、

遺伝が関係する割合などについて詳しくご紹介!

 

遺伝だからといって身長を伸ばすことを

諦めるのはまだ早い?!

さっそく見ていきましょう!

【遺伝と身長の関係性】

親が低身長であったり、身内に身長の低い人が多く、

自分も身長が低いと、

少なからず遺伝が関係しているのでは?

と思ってしまいますよね。

関係性があるかないかの二択で答えるならば、

その答えは「イエス」です。

身長には遺伝が少なからず関係しています。

 

しかし、身長の伸びが遺伝全てで

決まるわけでは決してありません。

というのも、その割合を見ればわかるのですが、

 

遺伝による身長との関係性は、「23%~25%」

 

あれ?意外と少ないですね。

 

つまり、残りの75%~77%は遺伝とは

無関係の要因であるということになります。

 

今まで、遺伝だからと身長を伸ばすことを

諦めかけていた人にとっては、

かなり期待出来る数字です。

 

じゃあ、遺伝とは関係ない残りの75%~77%、

これは何が原因になってくるのでしょうか?

【遺伝はあまり関係ない?それよりも重要な3つのポイント】

さて、遺伝とは無関係に、

身長が伸びない原因の残りのパーセンテージ、

これは実は私たちの身近に

あるものに当てはまります。

それが、「運動・睡眠・栄養」

この3点になります。

 

この3つ、身長とは切っても

切れない深い関係性にあり、

これら3つがパーフェクトに

良好に行われているのであれば、

身長の伸びが大いに期待出来るのです。

 

では、実際にこれら3つが身長に

どういった影響を持たせるのか、

ご説明していきたいと思います。

 

  • 運動

体の様々な部位を強くする目的として、

運動は積極的に日常生活に組み込んで

いきたいものです。

というのも、筋肉や関節、骨などが

成長・強化されない限り、

身長の伸びはあまり期待出来ません。

運動を普段あまりしない人であれば、

すぐにでも始めて身長を伸ばす土台を

作ってあげましょう。

(体を縦に動かすジョギングや

縄跳びなどがおすすめ!)

 

  • 睡眠

睡眠で注意したいのは、

量ではなく「寝る時間」。

遅くても、寝る時間は

夜10時を心がけたいところ。

というのも、私たちの体には

「成長ホルモン」というホルモンが存在します。

この成長ホルモン、分泌されればされるほど

体の様々な部位がグングン成長・強化していくため、

身長の伸びとは切っても切れない関係性にあります。

この成長ホルモンが一番多く分泌される時間こそが、

夜の10時~深夜2時までなのです。

この時間に起きてしまっていては、

せっかくの成長に必要な

ホルモンが分泌されず、

体の成長にはとても非効率。

出来るかぎり、早寝早起きを

心掛けるようにしましょう。

  • 栄養

栄養も、たくさんやみくもに

摂取すれば良いわけではありません。

特に成長期であったり、好物が

偏ったりする子どものうちは、

自分の好きなものをたくさん食べてしまいがち。

身長の伸びには、

タンパク質・カルシウム・マグネシウム

・亜鉛・ビタミン・アミノ酸などが欠かせません。

これらをバランスよく摂取することで、

骨・関節・筋肉などが効率よく成長し、

身長がグングン伸びていくきっかけとなります。

【不足する栄養素はサプリメントでも補える】

このように、身長の伸びには遺伝が

少なからず関係しているものの、

低身長の原因には睡眠や運動、

そして栄養などが大きく割合を

占めていることがわかりました。

 

運動や睡眠などは改善がしやすいですが、

身長の伸びに必要な栄養を

バランスよく摂るとなると、

食品から摂取しずらい栄養素(アミノ酸など)も

関わってくるため、なかなか実践しにくいかと思います。

そんな時は、成長サプリメントなどを使って

不足分をサポートするのも良いでしょう。

<プラステンアップの公式サイトはこちら>